« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月23日 (日)

胡蝶の夢。

前回の記事も私の怒りが収まったところなのできちんと論点や会の内容を追記しようと思うけど、何だか昨夜寝つけず思うところがあったので書いてみることにした。

 こんな人でもきちんと生きられる。それだけが周りの人に伝わればもう十分な気がする。それにしても昨夜は少し飲み過ぎたのかもしれない。いつだって私は「いま・ここ」にはいない人間だから、昨日もどこか違うところを見て、昔のことやこれからのことを回想していた。私はただ自分とは違う誰かと隣にいたいだけで、それだけで最後までいたのかもしれない。べた付く口当たりの液体を氷だけ入れて流し込んでいたのは、周囲の中で何かが違う自分を紛らわせるためかもしれない。いや、同じ集まりに来る人全員が同じ思考であるはずはない。でも、何か浮遊しているような、座席の位置的にはちょうど中心にいたにもかかわらず、私は周囲の声と飲み食いする様子を川の流れでも見るかのように離れた場所から見ているような感覚でその場をやり過ごしていたのかもしれない。離れたくないけど、その場にいるのはいたたまれないような、いつだって私はここにはいられない人間なんだろう。

 どんなものに対しても付かず離れずで、つかみどころがないと言われてしまう。昨日の会合ももう今年度限りで終わるかもしれない。10代の頃は、できることをできるだけやっておこうと思い、色々なところにともかく足を運び、煮詰まってしまったと思ったら距離を取るようにはしていた。ある程度の年齢になれば安住できる場所ができると思っていた。だが、周囲の環境というのか時代の流れも、変化が速く、必ずしも同じ場所にずっといることが承認されないような空気を感じるようになっていた。だから結局高校を出た後も10年近く同じように複数の居場所を持ち、その時々によって距離感も変わる。これからもそうやって何かと出会って付き合うような気がする。

 大きなことをしようとはこれぽっちも思わなくて、できることをできる範囲でやろうとしか考えていない。ずっとそう。いまここにあると確証しているものたちは何故、こうして存在しているのかが気になって仕方ない。そんなのどうでもいいだろう。薄暗がりで本なんか読んでるやつは嫌いだ。そういわれても構わないから、私は生きていることを記憶にとどめたくて、伝えたくて、誰かと出会いたいからものを書き、どこかに出向き、話をするのだろう。

 薄ぼんやりした思考でこんなことを大体考えていたら夜が明けた。何が夢か現かわからない状態で、頭の片隅に「胡蝶の夢」という単語が出てきたのは、昨今の社会状況を無視して中国哲学や漢文を勉強したいと思うからかもしれない。でも、昨日の夜は頭の中ではガーシュウィンが流れていたからきっと国とかそんなものは関係なしに印象に残るものは残るんだと思う。

2012年9月14日 (金)

集まりの対象とか内容とか。

あまりのことに衝撃を受けたため、携帯から暫定的に記録しておくけど、後で落ち着いたら書き直します。
専門家だけでなく一般の人も対象にしている集まりだったらもう少し皆が入りやすいように、本当に一からの説明と現代的な課題を題材に話を進めてほしかった。全国紙の広告をみて、わざわざ遠方から朝早くにも関わらず集まった方がたくさんいる。そういう人たちの好奇心や向学心に答えるような集まりを作るべきだ。
質問者も質問も内輪で事前に決めてあって、はっきりいって狭いアカデミックサークルでの研究会や学会とほとんど変わらない。そういった集まりを望むならば、外にたいしては宣伝せずに、重箱の隅をつつくような議論とも言えないようなお喋りをしたい人だけでしてほしい。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »